カテゴリー
ショッピングカートを見る
おすすめ商品
商品検索
ショップ紹介
高橋 祐介
皆様には日頃より弊社をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。 1986年創業のオーベルジーヌは数多くのお客様や協力会社様に育て て頂きました。 今後ともよろしくお願い申し上げます。
フリーページ
rss atom

オリジナルウェディングをサポート!結婚式でケータリングを依頼する方法

はじめに

 

ここ数年「オリジナルウェディング」という言葉を耳にする機会が増えてきました。 オリジナルウェディングというのは、しきたりや形式にとらわれる事のない、今までの結婚式に対するイメージを払拭するような新しいスタイルの結婚式の事です。結婚式を挙げる主役の二人が自由に結婚式のコンセプトを決めて、それに合わせた場所や衣装、演出などを決めていく事ができるのが特徴です。
そんなオリジナルウェディングの中でもこだわりたい演出の一つが「料理」です。式場によっては細かいルールなどがある場合があり、自由に料理を選ぶ事が難しいケースがありますが、ケータリングを利用すれば場所を選ばずに好きな料理を好きなスタイルで決める事ができます。ここではオリジナルウェディングで活用したい「ケータリング」について知っておきたい事をご紹介していきたいと思います。

結婚式でケータリングを利用するメリット

ケータリングというのはどのようなサービスなのかご存知でしょうか? 料理を届けてくれるという点ではデリバリーと似たようなイメージがありますが、この二つには大きな違いがあります。「デリバリー」は昔からよく耳にする「出前」の事で、出来上がった料理を指定の場所まで届けてくれるサービスです。

「ケータリング」は指定された場所にケータリング業者が出向き、そこで料理を作ってくれます。また、料理を作るだけではなく、会場内でのテーブルのセッティングや配膳などのサービスも行ってくれます。要するにイベントのお食事に関する事をトータル的にサポートしてくれるサービスです。

では、この「ケータリング」を結婚式に盛り込むにあたり、どのようなメリットがあるのでしょうか。

 

会場を選ばない

 

ケータリングの最大の魅力は会場を選ばずに利用する事ができる事です。もし結婚式を挙げたい会場にレストランや飲食施設などがない場合でもケータリングを利用すれば料理を提供する事ができます。また、屋内の会場に限らず、屋外で結婚式を挙げたい場合でもケータリングを利用すれば周りの雰囲気に合わせた質の良い料理でおもてなしする事ができます。

何も準備しなくてよい

ケータリングを依頼すれば、会場で食事に関する事の準備をする必要がなくなります。特に屋外での結婚式を考えている方では、テーブルはどうしよう、食器はどうしようと考えてしまう事も多いのではないかと思います。しかし、ケータリングは食事に関する事をトータル的にサポートしてくれるので、テーブルや食器の準備もきちんと行ってくれます。結婚式を挙げる二人や参加者は準備に気を遣うことなく、料理を楽しむ事ができます。

予算内でプランニングできる

料理の他にも食事に関するサポートを行ってくれるケータリングは予算がかさむようなイメージがつきものです。しかし、実際は比較的低予算でケータリングサービスを受ける事ができます。予算に合わせて料理を選んだり、様々なオプションを追加して会場を盛り上げる事もできます。もちろん業者によって価格には差がありますので、予算内で思い通りのサービスを受けられる業者を選ぶ事は重要になります。

ケータリングでオーダーできる料理

どんな場所でも要望に合わせた料理を提供してくれるケータリングですが、どのような料理をオーダーする事ができるのでしょうか。オーダーできる料理の種類は業者により違いはありますが、ほとんどの業者が数多くのメニューを取り揃えています。どのようなメニューがあるのか大まかに分けてご紹介したいと思います。

コース

予算に合わせたコースを用意してくれます。コース内の料理についても要望を聞き入れてくれる業者が多いので事前のうち合わせはしっかりと行ってください。また、本格的なフルコースを提供してくれる業者もあります。一生の思い出に残る結婚式で上質な料理でおもてなしをしたい場合などは本格的なフルコースを頼んでみるのも良いかと思います。

ビュッフェスタイル

あまり堅苦しくない結婚式をお望みの方に人気なのがビュッフェスタイルでの食事です。ケータリングでビュッフェを提供してくれる業者は数多くあります。参加者が食べたい物を選ぶ事ができるのも結婚式を楽しんでいただく為のポイントになっているのかもしれません。ビュッフェで用意される料理も様々な物があり、それぞれ自分たちの要望に沿ったものをオーダーできます。

飲み物

料理だけではなく、飲み物についてもバリエーション豊かに取りそろえている業者は沢山あります。どのような飲み物をオーダーしたいのかにより費用も変わってくるので、事前にチェックする事をお忘れなく。


料理の他に会場内のテーブルコーディネートについても、結婚式の雰囲気の合わせたスタイルのオーダーを受け付けてくれるところもあります。 料理が多く並ぶテーブルは会場を華やかにしてくれる重要なアイテムで、コーディネートによって会場の雰囲気はグッと変わってきます。きちんと自分のやりたい結婚式の雰囲気をイメージし、希望に沿ったコーディネートがオーダーできるようにしておきましょう。業者の中には素敵なコーディネートを提案してくれるところもありますので、どのようなコーディネートが良いのかアドバイスをもらうのも良いのではないかと思います。

以上のように、料理・飲み物・テーブルコーディネート等、結婚式の食事1つを取り上げても会場の雰囲気に合わせて考える事が沢山あります。どれも結婚式を華やかにする為には重要なアイテムで、参加者の方に楽しんでもらう為にもしっかりと考えておきたい事ですね。

ケータリングの頼み方と頼む際の注意点

結婚式を行うまでにケータリングを利用した事のない方の場合、どのように注文をすればよいのかわからず、戸惑ってしまう事が多いのではないかと思います。どのようにケータリングを頼み、どのような点に注意をすれば結婚式に参加してくれる人たちを楽しませることができるのかお話ししていきたいと思います。

初めにケータリングを注文する際にどのような情報を伝えればよいのかチェックしていきましょう。

・結婚式の開催日時
・会場について(会場が現段階で決まっているのかどうか)
・ケータリングにかける予算
・希望のスタイル
・出席者の人数(年齢層、男女比、テーブルの予定数等も含めてまとめておく)
・料理のボリューム
・会場内での注意事項(準備時間、火器の使用可否等)

以上の事を事前にまとめておくと、打ち合わせがスムーズに進みます。特に予算や料理のボリュームについては業者により差があるので、しっかりとイメージをまとめておくことが重要になります。

ケータリング業者の選定についてもとても重要です。予算内で自分たちのイメージに合った物を提供してくれるかどうかをしっかりと見極めて発注する業者を選びましょう。業者ごとのHP等を確認すればケータリングの実例を写真などを用いて紹介している事が多くあります。実例を参考にして、会場内の雰囲気をどのように演出してくれるのか確認しておくのも良いかと思います。

その際に料理のメニューの豊富さや用意してくれる飲み物の種類などもしっかりと確認しておくとよいでしょう。業者の中には料理の試食なども行っている所があるので、試食がある場合は積極的に利用してみて下さい。イメージに沿ったものを提供してくれそうな業者を数社に絞り込んだら、実際に打ち合わせをし、見積もりを取る事をおすすめします。その結果から注文する業者を決めるとイメージ通りのケータリングで参加者をおもてなしできるでしょう。

事前の調査から、ケータリングを依頼する業者が決まったらいよいよ発注です。ケータリングの発注までの流れについて、大まかに説明していきたいと思います。

まず業者に連絡をし、先ほどお話しした必要な情報について業者側に伝えます。この時点で概算の見積もりをもらえるので、予算に合っているかをしっかりと確認する事をお忘れなく。

その後は、ケータリングの詳細についての打ち合わせになります。ケータリングの内容について固まったら正式な見積もりが提出されるので、内容・予算に納得出来たら発注しましょう。

ここまで発注について簡単にお話してきましたが、ケータリング発注までに一番重要な事はイメージに合った物を提供してくれる業者を選定する事だと思います。

事前に結婚式のイメージをしっかりと固めてから業者に相談する事で間違いのない業者選びができるかと思います。この時点でイメージにピッタリのケータリングを提案してくれるような業者に出会える事ができたら、後は専門である業者に一任してしまうのもありだと思います。また、複数の業者に連絡をする事で、業者ごとの得意・不得意も解ってくると思いますので、いろいろな業者とお話しする事をおすすめします。

まとめ

この記事ではオリジナルウェディングをサポートしてくれるケータリングについてご説明しました。ケータリングを結婚式で活用する際には事前にしておくことが意外と多くあります。少し大変そうな印象を受ける方もいらっしゃるかもしれませんが、どれもイメージ通りのケータリングを利用する際にとても重要な事です。

細かい部分までしっかりと確認しておく事が、結婚式までの準備をスムーズにさせ、本番での失敗を限りなく少なくするポイントでもあります。もし結婚式でケータリングの利用を考えている方がいらっしゃれば、この記事を参考にしていただきたいと思います。

>>コラム一覧に戻る